きれいなお姉さんを目指すブログ

①背筋を伸ばす②前を向く③まっすぐ歩く

受験

今日は試験受けてきました。仕事で入用なようなそうでもないような資格なんですけどあんまり詳しくない知識を資格用に詰め込む形でいろいろ辛かったです。でもそれなりにがんばった。それなりに、というのは私なりに、という話でもっと熱心にやれば、というのは切実に妄想だという話で、努力の限界はちゃんと想像できなくてもそれに近いところまでできたと思います。そう、努力って限界があるんですけど全然見えないしつかめないと思うんですよね普通の人には。限界までやって、もうちょっと先に手が届く、それの繰り返しでどんどん伸びることもあるけどでもやっぱりそれは限界で、つまりどうしようもない。アスリートの人にはまた別の解釈もあるんだろうけど、思う限りやってみたことが精いっぱいなんだろうな、という経験則が(勝手に)あります。

私はもっとできるはずだ、は間違いじゃないし、もっとできたはずなのに、は間違いかもしれない。私は受験失敗して浪人して就活失敗して留年した口なんですけど思えば自分の限界を夢見ていたのと見させられていたのと、それを認めたくなくて人の話を聞かなかったことに大体の原因があると思うんです。客観的な視点というか、まあでもそれは大人になって身につく人もいるし、私もそうかもしれないと今は思うので。

でも試験勉強って面白いですよね。試験受けた後だから思うけど。知識詰め込んで試されて合格か不合格かのジャッジ、運のようでそうでもない、楽しくハッピーでさらにはおまけに合理的っていうある種のギャンブル、いい暇つぶしだと思います。頭はあんまりよくないんでどちらかというとカモ側なんですけど。それでもいいや。次は11月ごろにある試験を仕事関係ないんですけど勝手に受けようかなって思ってます。というよりもうテキスト買ってきた。形から入るタイプ。めちゃくちゃ重い、でも何か楽しい気持ちでいっぱいです。そうそうこれこれ計画するときが一番楽しい!!

何が最高って昨日かつ丼食って今日親子丼食べたって話。試験最高。