きれいなお姉さんを目指すブログ

①背筋を伸ばす②前を向く③まっすぐ歩く

読書

春琴抄読んだ。フェチ大爆発民家崩壊都市ごと霧散って感じだった。破壊、破裂。でも小説の文字の上のお師匠様はガチ大美人帝国だったし、春琴伝も佐助の話も同じくで、つまり見えないものほど何よりも美しいということは目の前に今あるし、それが最高の美として文学の上で谷崎さんの筆の上で描かれていることは文学としてやばいと思った。やばいとかいう日本語の崩壊。でもやばい、マジやばい。針のシーンは目を背ける。

美しい人だからこそ佐助の愛もあったんだろう、と考えるのもそうではない、と考えるのもどちらもあって、でもどちらかでもどちらでなくとも正解だし、答えはなくて、人間の情なのかそれとも新興宗教美人会なのかは私にも誰にもわからないだろう。でも憐みの上には打算も親の情も性欲の裏には慈愛も義務もあり、人間の感情を一枚一語で片づけようなんてさらさら、という感じ。そういうの好き。とても好きです。

風呂場で青空文庫ぺらぺらやるのがマイブーム。早く寝ろ。