読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きれいなお姉さんを目指すブログ

①背筋を伸ばす②前を向く③まっすぐ歩く

反転

景気のいい話がしたい。最近ちゃんと勉強してる、やりたいことはもっとあるけど。通勤時間は英語、開始前は仕事の勉強、昼休みは秘書検定、帰ったら行政書士、お風呂はフリータイム。昔曜日で教科を決めて勉強したけど枠組みがあると捗る。デジタルデトックスにもなるから逃げ場はなるべくスマホ以外、これが一番難しい。

あと自炊と部屋の片付けと早起きも順調。楽しい。がんばりたい。

 いっそ、と思って逆方向に倒れようとしてみてるけど、案外こういうものだったかもしれないと思ってる。いいのか悪いのかわからないけど。ツイッターで大声で叫び散らして今更恥ずかしい、という点を除けば本当に、こういうものだったのかもしれない。

喪女から無事非モテになれた、恋愛もしたし付き合うこともやってみた、夢描いてた生活が土日を犠牲にして成り立つこともわかった、私が貢がずにはいられない上に不安を捨てきれないくらい弱くてどうしようもないこともわかった。で、昔、一昨年をそういっていものかわからないけど、以前より夢は見なくなった。結婚も一つの正解だろう、でも私が、その答えを出すかどうかはわからない。受験も就職も嫌なことから逃げに逃げて散々失敗したけど、結論から言ってそれほど後悔してない。追われたことも含めてなんだけど今はもう私も大人だから、逃げることも追われるのをやめることも選択できるんじゃないだろうか。結婚しないのはただの、別の答えなんじゃないの。

ひと月かふた月、出会いのために駆けずり回って出会いに出会ってわかったことは人づきあいというものにいつまでも耐えられるような自分じゃないいってことだったしそれは別にできないからってわけでもなくただただ私の性質がそうだってだけだった。好かれようと思えば好かれるんだよね、付き合いたいって思った人一人も出会えなかったけど友達には男女問わずなれるんだよね、話しかけられるし、話題も出せる。相談にも乗るしくだらないらしい話も聞ける。乗りも合わせるし企画もする、お店も探すし人も呼べるし何でも意外と何でもできる、できた、でもいつまでもじゃない。内心やらなきゃでやってるだけで何も、好きじゃないのはわかってた。

一人でも生きていけるかといえばいつかそうでなくなるかもしれない。でもそれは病気やケガやこのまま何もしない、という選択とか結果の延長線上にあるってだけでそういう風にもできるかもしれない。おかげさまで世の中にはいろいろと手がかり、きっかけがあるしチャンスもまだ全部死んだわけじゃない。住んで食べてそこそこ楽して暮らしていけるだけの仕事にもありついてる、それなりの経験もある。今までやってきたことが無駄ってわけじゃない。きっと上も下もあるだろう。でも今の自分ってそれなりに満足にかなうし、これ以上だって目指せるんだ。転職だってできる、今のところしたいとも思わないけど、でも何でもできる。やろうと思えば。始めようと思えば始められることも分かった、続けることも。努力できるんだってわかった。なら一番嫌にならないことをがんばってみるのはとても幸せで、楽。勉強好きなんだよね。知識を深めるのも試験を前に勝手に追い込まれるのも。これを生かさない手はなくない?

今までがあって今がある。恋愛してみた結果、まだいくらでも、という声にも耳を貸せるけど勝手に声をねつ造するなら結婚する前に離婚したんじゃん、という私の内部から何かが聞こえてもいい。うちの一家は代々離婚して、代々子供がひどい目に合ってる。おかげさまで私は見事に好きな人に否定されたけど、そんなことはもういいんだけど、血筋や家系や親戚筋のあれやこれや、親や財産や土地やその他のいろいろな、クソみたいなものごとをおいておいても、私は私も、私の子供も、救わなければならないしそうできるとも限らないし、でも実際何もしないことも一つの正解だ、と元々知ってる。これは言い訳だし体のいい責任のなすりつけ、そういう行為だとわかってるけど、でも本当に呪いじゃない?どうして正しいことが皆同じでなければならないのか?社会正義を果たしたり公共の福祉に従属するのは当然だけど、でも個人の人生に正義とかなくない?社会的な成功、正しい行い、当然の成果があるとしても全員が全員果たせるわけじゃない、でもそれが悪だということはなくない?ただの理想だし一つの結論だし、責められるいわれはなくない?私は私を自分で責めてるんだけど、自分だけを責めるのは人を批判するだけの価値観をもってそれを捨てきれないことと同義じゃないの?

全部言い訳。できる努力を怠って楽な方に逃げて、やるべきことをやらない。するべきようにしない。私が悪い、私が間違ってる。私はもっとちゃんとやるべきだと思う。でも私は別に孤独死を恐れていないし人のために時間やお金を費やすことに微塵も躊躇や嫌悪を抱いてない。好ましい人と親しくなりたいし、人間を信用してるし、期待もしてる。第一人が好きだから、この社会で生きていてとても楽しいし、怖くない。ただ一生を一緒に暮らしていけるような、それで私だけを一人選んでくれるような物好きな?ラッキーな?人に巡り合っていなくて、もしかしたら巡り合わないかも、というだけでそれを探すも探さないも、探せないも探したくないも自分次第というだけなんだ。何でそれが悪いんだろう?社会のために、でも私が死ねば私の周りは消えてなくなる。タンパク質と水と油、地球はでっかい石ころと苔、何が正しいことなの?何で少しのハードルが罰になるんだろう?少なくとも罪じゃない。私が社会のために尽くす形はいくらでもあるしそれが善である可能性はこれからも無限にあるんじゃないの?

スケールがでかいのか小さいのかわからないけどとりあえずバカなことを考えて溜飲をさげてる。いい加減にしよう、寝よう。今の私はとりあえず幸せだし、だからこそきれいなお姉さんを全然目指せる気がしてるんだけど、それって限りなく正解のような気がしてきた。いい加減にする。寝る。