きれいなお姉さんを目指すブログ

①背筋を伸ばす②前を向く③まっすぐ歩く

覚書

①ところてん超うまいけどぬるいと何とも言えない気持ちになる。家帰ってから冷蔵庫入れて、ってステップ踏まないといけないなら帰りに買ってくる→ご飯食べる前に食べる、はできないのでストックしておいて買い足して次の日用ってするのが正解かも。

②鶏肉のトマト煮を作りたい、晩御飯を外で食べざるを得ない(早く帰れて20時という職場)ので朝か休日か、でも朝はみそ汁とご飯を食べるのが幸せだから休日かなあ。なすとそぼろのみそ炒めとかシーフードミックス入りのチャーハンとか食べたいんだけど全体的に夢。なすバカ高いし、もやしと炒めるか。

③最近顔を洗ってホホバ油+日焼け止め+パウダーで済ませてるけど、出社時にもうパウダー剥げてるけど、特に肌質がいいとかそういうのもないけど、顔が重い?みたいな感じがないからちょっと楽。もう少し楽なままきれいに見せられたらいいんだけど。

④動きだすコツを発見した。だらだらしてるな、って思ったら「全部終わったらまた同じところに戻ってだらだらできる」と思うと動き出せる。もちろん戻る必要はない。

⑤元彼のメールに返信してしまった。でも気持ちと理性を分けて「男の人は子供だから許してあげなきゃ」「自分にも非がないとはいいきれないよね」「何でも言わなきゃわからない」あたりのクソバイスにゲロ吐きながら考えてみて「相手は年上の成人男性」「自分が悪いから、で下手になって譲れば前と同じことになる」「言わなきゃわからないなら言ってやる」で「貴方のような中身はお子様な方を相手して面倒みれるママじゃないのでお引き取りください」を薄いオブラートに包んでみた。相手がちゃんと考えるなら引き取るだろうし、そうじゃなくてもものすごいウィットにとんだメッセージでもない限り何か返ってくる時点でクソ。

考えを改めます、だから結婚してください、くらいのメールが来ていたらもっと優しく返しちゃっただろうと思うと辛い。実際は仕事が落ち着いて寂しいから構ってほしいのが透けて見えるクソみたいなお誘いだったけど。ぐぐれば出てくるレベルのサイトにも「男の人は都合のいいことしか覚えてない、元カノはコレクションだと思っていて時々取り出してみる習性がある」とか書かれてしまう男性が気の毒。性欲については本当に気の毒だし一般論じゃないにしろ当てはまる馬鹿を相手にしてた過去が辛い。

異性と結婚して家庭もって生きていくためには自己主張というか自分の正当化は時々間違い、というのも真理なんだろう。ゴールに行くための方法も確かにあるんだと思う。でも私にはできない。そして理想的な人を探す気力は今はない。自分のことしよう。もうしがみついてしまう自分を制するくらいには諦めた、このことを自信にしよう。

51.5