きれいなお姉さんを目指すブログ

①背筋を伸ばす②前を向く③まっすぐ歩く

無題

思うに父と祖母しかいない家で育つ子供は認識歪んでも仕方ない、言動は悪いことなら許してはいけないけど。母親の事情は知らない、父親が正しい、古い考えの女性が正しい、だからあの人が女は奴隷で当然とかいうのはわかる、許せはしないけど。女性の自縄自縛って考えるだけで苦しい、正しいと思い込むことのために、親い誰かを批判しないためにどうしようもなく絡めとられることもあるかも。偏っているなりにも愛されて守られて、でも人間や性別そのものをやり込めるような環境に囲まれて、男性でも女性でも自信なんて得られるのかな。

人は許せる人になりたい。

 酷い物言いをする友人がいて、あまりの言動に距離を置いたことがある。自分と自分の属性、ひいては連なる人たちを真っ向から否定して罵倒することで安心すると言っていた、結局許せなかった。でもあれは彼女が悪いのか、とずっと考えてる。自分をののしり続けないと安心できないって精神的な病気じゃないの、そうでないというのならなぜそこまでして苦しむのか。自信がない、きれいにしても丁寧にやっても意味ない、どうせ自分はごみ屑、例えば女は皆そう、みたいな。ののしられてる気がした、でもああいわざるを得ない彼女が一番苦しくて辛かっただろう。

2chを見ていたころ、もう20年以上前になるけど性的に脅しにかかる男性をみてそんなものだと思い、日常馬鹿にされることを繰り返し経験して納得し、私の中にも刷り込まれたミソジニー、男性信仰(ひいては魔女信仰聖女信仰)はあると思う。政治運動する気力はないけど、支援しないお前も同罪だと言われても仕方ないけど、何が正しくて何が悪いのか、知っているというのはもうやめようと思う。そんなものない。

謝るのはもうやめよう。それでも良心的でいよう、人として大人として。