きれいなお姉さんを目指すブログ

①背筋を伸ばす②前を向く③まっすぐ歩く

整理

キープすると書いて、すげーことしてんな、と思って改めて考えてる。これってあれじゃないの、持てて持てて仕方ない人がやるやつじゃないの。とはいえ私は持てもかすりもしないいわゆる需要ゼロ系の人間なので(友人という関係性ですらそうなる自覚と実感がある)なので?というよりはそれに等しく、別に誰かと誰かを天秤にかける気はさらさらない。あるとすれば自分の自由と。一人、一人の人間として生きていくこと、完全にうまくいった理想の関係、が仮にあるとしてその果てにある幸せ以外のものを受け入れて生きること、それを自覚することで得られるものの上に気づく人生、それと人を比べているだけ、だと思う。寂しくなって縋りついた、と言われても反論はない、でも全然執着がない。愛情もない、今のところは、とりあえず。

思えば、あなただけだと言われたかったんだけれど、でもそんなことを言う奴は結局信用ならないんだろうと世間は言う。私も思う。あなただけ、と思うことはあるだろうしそういう人=男性もいるだろう、と夢も見る。真偽は知らない。

全然関係のない話だけど、私は罪悪感を勝手に抱え込む癖を持ってるっぽい。例えばストリート系の音楽は耳をふさいで通る、なぜなら聞いちゃってお金を払わないのが辛いから。無料動画サイトの違法アップロード、繰り返し見たら見もしない(再生機がない)DVDを買ってしまう。コレクション癖なんてないのに。罪悪感の塊、全部自分が悪いと思ってる、加害者妄想、絶望先生にもいたなそんな人。

それで、自分を責めることになってしまう系の自己啓発というか、考え方を受け入れるのは辛いなって思った。逆に刷り込まれたものを拭い去るのも、結局は自己批判になるから労力は同じかも。ミソジニーミサンドリーフェミニズム、それ系のをいろいろ読むのは楽ちんだけど日本人の自意識とか差別的な考え方とか自分自身にあるミソジニーエイジズムルッキズムへの突っ込みは難しい上に辛い。でもやっておかないとと理解しようとすれば思うし、わからないわけなんてないんだよなあ自分のことだから。

でもきっと私はまだできるほうなんだろう。どちらが正しい、と寄っていくことは嫌なんだけどどちらにも是があり非があり選ぶならこちら、があることは大人として?当然にできるべきだしそうしたい。責任や罪悪は選択しやすいなあ本当に、でもそこに拘泥しても駄目だ。子供のころ?学生のころ?自意識の置き場を猛烈に批判していたけど今はむしろ擁護してる、でもそうやって自意識をぼこぼこにしてようやく成り立つ私って本当にこれ以上持つんだろうか。追い込んで追い込んで追い込んでそれで正しい人間になろうとか、自分がつぶれたときに、いっそ死んだ時に後悔するのか。何かおかしい、とふと思う。体とか健康とか、内臓心臓人間関係財産、守っておかないと自分を保証することにならないのでは?何を言っているのか?

考え方整理してると馬鹿を直視することになるから辛い、とりあえず家計簿始めよう今年度はまだ一回目。

広告を非表示にする